お客様専用ページ

ブログBLOG

猛者MOSA+F(プラスエフ)について(開発者から)

タグ: , , , , , , ,

佐藤です。

猛者MOSAについて少しお話しします。

 

昨年発売させて頂いたオフショアサクラマス用のジグ「猛者MOSA」は

北海道の伝統漁具しゃくり棒にオマージュして、異素材を組み合わせたハイブリッドジグです。

 

ジグですがしゃくり棒の構造で、亜鉛と鉛で作りました。

バランスはおよそ6:4。亜鉛が6で、しゃくると飛ぶ距離は長くフォールする距離が短く、

「上げ」(ジャーク)重視のジグです。

 

ただ、「上げ」の状況時ではない時もあるので

次はもっとフォール重視にしたいと思いこの1年開発していたのが、

もう間もなく発売予定の「猛者MOSA+F(プラスエフ)」です。

 

「+F(プラスエフ)」の「F」はフォール重視で作った「猛者MOSA」と言う意味で、

より、しゃくり棒寄りのジグで、アルミと鉛で作りました。

バランスはおよそ7:3。アルミが7で、しゃくると飛ぶ距離は短くフォールする距離が長く、

「フォール」に反応が良い状況時やしゃくりが釣れている時に有効です。

 

マスしゃくりのタックルで去年発売した「猛者MOSA」(亜鉛)を使って「エビ」になるという方は

今年発売予定の「猛者MOSA」(アルミ)を使ってみてください。

マスしゃくりのタックルにも対応出来ると思います。

 

 

また、「猛者MOSA+F」を開発中に一緒にフックもテストをしていて

色々な問題点を修正し、こちらも現在製作中です。

 

今年も

オフショアサクラで皆さんとご一緒出来る日を楽しみにしています。

 

 

佐藤 稔

 

※現在製作中の為、発売日など詳細は決まり次第お知らせします。

 もう少々お時間頂きます。

 

PAGE
TOP